大型の家電や家具などの粗大ゴミを大阪市で捨てるまでの流れ 

粗大ごみの手続きは市区町村ごとに異なります

粗大ゴミ収集の手続きは、市区町村によって異なってきますが、大きな流れとしては次のようになっています。なお、以下の記述は主として大阪市の規定にしたがったものです。
(1)粗大ゴミに該当するか確認する。粗大ゴミとは日常生活から出る家庭ごみで、最大の辺・径が30cmを超えるもの、棒状で1mを超えるものをいいます。資源化可能な古紙や衣類は粗大ゴミにはいらないことが多いです。
(2)粗大ゴミ収集受付センターに申し込む。このときに処理手数料・回収日時がわかります。本棚やタンスなどの収納家具類の場合は、たて・よこ・高さの合計寸法を尋ねられる場合があるので、事前に測っておきましょう。
(3)粗大ゴミ処理手数料券を取扱店で購入する。大阪市を例に取ると200円・400円・700円・1,000円の4種類の手数料券があります。申込みの時に指定された金額の手数料券を購入する必要があります。スーパー・コンビニ・郵便局などで取り扱っています。
(4)指定された収集日時に指定された収集場所に粗大ゴミを出しておきます。手数料券(シール)を貼り付けて出してください。いったん貼り付けるとはがせないので慎重に。手数料券が貼り付けてない、金額不足の場合は収集されません。
粗大ゴミが収集されるまでの流れを説明しました。詳しいことはお住まいの市区町村のホームページや受付センターで確認してください。

おすすめの情報

粗大ゴミ回収業者の選定の仕方は対応で選ぶ

粗大ゴミ回収業者の選定の仕方は、その処分代ですね。大阪には色々な粗大ゴミ処分業者がありますが、明らかに処分代が高すぎるなと思う業者は辞めておいた方が無難です。また、見積もりや出張料金…

この記事を読む

粗大ゴミの処理方法

いざ今日から心機一転、断捨離するぞ!!と決めたものの、不用品、粗大ごみをどうしようと思った事はありませんか?燃えるゴミ、不燃物、資源ゴミ、粗大ごみ、分別して、決まった曜日に決…

この記事を読む

住んでいる所で粗大ゴミ費用はこんなに違う

家庭用のごみ収集は基本的に市区町村が管轄していますよね。ごみ処理の費用は市区町村によって大きく違ってきます。粗大ゴミの収集の場合ではどうでしょうか。例えば、同じ大阪府であっても、大阪…

この記事を読む

粗大ごみの手続きは市区町村ごとに異なります

粗大ゴミ収集の手続きは、市区町村によって異なってきますが、大きな流れとしては次のようになっています。なお、以下の記述は主として大阪市の規定にしたがったものです。(1)粗大ゴミ…

この記事を読む