大型の家電や家具などの粗大ゴミを大阪市で捨てるまでの流れ 

住んでいる所で粗大ゴミ費用はこんなに違う

家庭用のごみ収集は基本的に市区町村が管轄していますよね。ごみ処理の費用は市区町村によって大きく違ってきます。粗大ゴミの収集の場合ではどうでしょうか。例えば、同じ大阪府であっても、大阪市の場合は1,000円かかるものが池田市では300円で済むこともあります。大阪市の場合は粗大ゴミの処理券が200円・400円・700円・1,000円と4種類に細分化されていますが、池田市の場合は一律300円です。ただし、池田市の場合は粗大ゴミの最も長い辺が1.5mを超える場合は300円券2枚(つまり600円)が必要になりますが。
大量の粗大ゴミが出て、マイカーがある人は粗大ゴミを自分で収集センターなどに持ち込む人も多いと思います。収集まで日数もかかることも多く料金も高いですからね。粗大ゴミの持ち込みの場合は大阪市は10kgあたり90円、池田市は10kgあたり60円です。大阪市は池田市の1.5倍の料金です。
関東の場合はどうでしょうか。東京都世田谷と神奈川県横浜市と比べてみます。世田谷区は粗大ごみを自分で持ち込んだ場合、収集料金の半額です(一部例外はありますが)。それに対して横浜市は収集してもらった時も自分で持ち込んだ時も同一料金です。
このように粗大ゴミの取り扱いでも市区町村によって大きくちがっているようです。住んでいるところの制度を確認する必要がありそうですね。

おすすめの情報

粗大ゴミ回収業者の選定の仕方は対応で選ぶ

粗大ゴミ回収業者の選定の仕方は、その処分代ですね。大阪には色々な粗大ゴミ処分業者がありますが、明らかに処分代が高すぎるなと思う業者は辞めておいた方が無難です。また、見積もりや出張料金…

この記事を読む

粗大ゴミの処理方法

いざ今日から心機一転、断捨離するぞ!!と決めたものの、不用品、粗大ごみをどうしようと思った事はありませんか?燃えるゴミ、不燃物、資源ゴミ、粗大ごみ、分別して、決まった曜日に決…

この記事を読む

住んでいる所で粗大ゴミ費用はこんなに違う

家庭用のごみ収集は基本的に市区町村が管轄していますよね。ごみ処理の費用は市区町村によって大きく違ってきます。粗大ゴミの収集の場合ではどうでしょうか。例えば、同じ大阪府であっても、大阪…

この記事を読む

粗大ごみの手続きは市区町村ごとに異なります

粗大ゴミ収集の手続きは、市区町村によって異なってきますが、大きな流れとしては次のようになっています。なお、以下の記述は主として大阪市の規定にしたがったものです。(1)粗大ゴミ…

この記事を読む